映像制作の流れ|サービス・商品の魅力を伝えるために/宣伝のための映像制作

映像制作の流れ

オフィスビル

どの映像制作会社に依頼するかが決まったら、ここから理想の映像制作がスタートします。
映像制作の大まかな流れとしては、「打ち合わせ」「企画書作成」「撮影・編集」「音楽・ナレーション収録」となります。
この流れを経て、晴れて理想の映像が完成するわけです。

映像制作会社に仕事を依頼すると言っても、最初から最後まで任せっぱなしではありません。
映像制作会社と二人三脚で良い映像を作り上げていくのです。
どの過程も大切なのは当然ですが、映像制作の第一歩でもある「打ち合わせ」は特に入念におこないましょう。
いくらプロといえど、どのような目的で映像制作をするのかがわからなければどうしようもできません。
宣伝したいサービス・商品をどの層に向けて宣伝したいのか、どのような映像にしたいのかなどをきちんと伝えましょう。
また、何か悩んでいる部分があれば、それもここで相談しておくべきです。
この「打ち合わせ」の内容に合わせて、今後の動きが変わってきます。
多少時間がかかっても、納得いく結論が出るまできちんと話し合うようにしましょう。

映像制作にかかる料金については、この打ち合わせ段階で見積もりを出してもらうことができます。
内容次第で料金は上下しますので、相場というものはあまり意味を成しません。
あくまでも提案していただいた映像制作の流れやサービスに見合った料金となっているか、そこを意識して話を進めていくといいでしょう。